キャッシング・借り入れ先の選び方について

キャッシングカードやクレジットカードを作る時に、その借り入れ先の選び方にもいくつかの選択肢があります。
一つに目には、キャッシングカードの信頼先があります。
日本の多くのキャッシングカード会社は、銀行などの金融機関系列に属しているケースが多いのです。
これは、一時の金融不安などの際に、多くのキャッシングカード会社が金融機関と資本提携するなど、グループ化を進めたのです。
このため、ほとんどのキャッシングカード会社もその資本調達先はグループ金融機関が借り入れ先になっています。
その意味では、資本力には定評があるキャッシングカード会社が多いので、資本力での選び方も一つの選択肢なのです。
二つ目には、金利設定です。
今は、法規制により金利の上限は決まっていますが、他社との特典化や差別化を図る観点から、借入金額に応じた金利設定、つまり、低金利を設定したり、他には、ある一定期間の借入期間については無利子にするなど、利用者の支払利息の負担軽減を図っているキャッシングカード会社も少なくないのです。
三つ目は、カードの利便性です。
殆どのカードは、日本全国のコンビニや金融機関のATMで利用することができます。
ただ、カードによっては、ATMで利用することはできても、手数料で差がついているケースも少なくないのです。
例えば、あるコンビニでは手数料が無料でも、他では手数料が有料になっているケースも少なくないのです。
こうした利便性の差も選び方になっています。